診療案内|島歯科医院|川崎市中原区の歯医者・歯科

MENU

診療案内

一般的な歯科診療

当院では、虫歯・歯周病を始めとするお口のトラブルに幅広く対応しております。よりよい診療のため、当院はカウンセリングを重視し、新たな治療機器を取り入れ、医科との医療連携にも取り組んできました。

治療では、まずデジタルレントゲンで検査し、画像を患者さまにお見せしながらご説明します。

虫歯が見つかった場合、治療の痛みを心配なさる方が多いと思いますが、当院では表面麻酔と0.26mmの細い針、電動麻酔器でできる限り痛みを少なくしています。せっかく治療を受けてもダラダラと食べ続けたり歯磨きが不十分だったりすると再発しやすくなるので、虫歯のメカニズムも解説するのが当院のこだわりです。

一方、歯周病の治療は、歯茎周辺から細菌を含んだ歯石を除去することに尽きます。診療室で機械を使った歯石除去をするのに加え、ご家庭での歯磨きのコツも伝授します。また、歯周病の進行と生活習慣との関係も紹介しますので、お役立てください。

入れ歯

患者さまのニーズに応えるため、当院は入れ歯の種類をたくさんご用意しました。なくしてしまった歯を悔やまないで済むよう、自分に合った入れ歯を探してみるのはいかがでしょうか。

「金属床」は、部品に金属を取り入れることで薄く仕上げた入れ歯です。保険診療の入れ歯が2〜3ミリほどの厚みなのに対し、金属床は約0.5ミリで済みます。薄くてフィットしやすいことに加え、食べ物の味や温度を感じやすいというメリットがあります。

見栄えのよさが「ノンクラスプデンチャー」という部分入れ歯の特徴です。こちらは金具の代わりに、歯や歯茎と同じ色のプラスティックを使います。当院には他に、磁石を使って留めるタイプの入れ歯もございます。

合わない入れ歯を使い続けていると、噛み合わせが悪くなり、新たな問題の引き金になります。食べ物を噛む能力が低下すれば、胃腸に負担をかけてしまいます。残っている歯にも負担となるので、結果として他の歯の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。

お口の状況によっては適応できないものもありますが、まずは歯科医師の話を聞いてみてください。できることの中から、ご自身に合った選択肢を見つけていきましょう。

抜歯について

当院はできるだけ歯を温存する方針ですが、お口の状態によっては歯を抜かざるを得ないこともあります。そのような場合、処置後に患者さまが少しでも快適に過ごせるよう、当院は抜歯に関する詳しい注意点をお伝えしています。

抜歯になるのは主に重度の虫歯・歯周病にかかった歯です。乳歯が永久歯の邪魔になっている場合や、矯正治療の一環として必要な場合にも抜歯をご提案することがあります。

抜歯後20〜30分は、止血のためにガーゼを噛んでください。治療を終えてから1〜2時間までは麻酔が切れていないことが多いので、その間は舌や唇を噛まないように気をつけましょう。

心拍数や血圧が上がると出血しやすくなるので、入浴は避けたほうが無難です。ただし、シャワーを浴びる程度であれば問題ないでしょう。喫煙、激しい運動、固い食べ物を口にすることもお控えください。

どうしても「血が止まらない」「痛みや腫れがひどい」という場合は、すぐにご連絡ください。こちらから状況に応じた指示を出させていただきます。

予防診療

当院では、治療を終えた方に3〜6ヶ月に1回の定期検診をご案内しています。患者さまの歯を守るため、当院ではさまざまな予防メニューをご用意しております。一緒に歯にいいサイクルをつくりあげましょう。

来院時には虫歯・歯周病のチェック、お口のクリーニングなどを行います。処置の必要性を理解していただくために、お口の中の写真を撮ったり、汚れに色をつける薬を使ったりもします。歯を強くする作用のあるフッ素の塗布も、重要な役割を持つ予防メニューの一つです。

さらに、歯磨き指導、生活習慣・食生活に対するアドバイスなども行っております。普段何気なく行うことが、病気に深く関わっていることもあるからです。

予防診療の目的は、虫歯・歯周病から皆さまの歯を守り、年をとっても健康的なお口を維持していただくことにあります。いつまでも自分の歯でしっかり噛める方を、一人でも増やせたなら当院は本望です。

インプラント

インプラントは、入れ歯やブリッジと並び、歯を失ってしまった時の第3の選択肢です。「入れ歯だとうまく噛めない」「ブリッジを架けるために歯を削るのに抵抗がある」という方におすすめします。

抜いてしまった永久歯は2度と生えてくることがありません。しかし、それを補うはずの入れ歯やブリッジに不満を持っている方もいらっしゃいます。特に、入れ歯には「噛めない」「言葉がうまく発音できない」「ガタついて違和感がある」といった不満が多いようです。

入れ歯と比べると、インプラントはしっかりと食べ物を噛むことができます。人工歯根をあごの骨に直接埋め込むので、足場が安定しやすいからです。

インプラント治療のリスクを下げるため、精密検査には医科用CTを使います。当院は「島脳神経外科整形外科」と連携しており、そちらで撮影してきていただきます。「第二の永久歯」と呼ばれることもあるインプラントにご興味がある方は、当院にお問い合わせください。

小児歯科

お子さまは無理やり治療された思い出を忘れられず、歯科医院をきらいになってしまうことがあります。そうした事態を避けるため、当院ではお子さまに無理をさせず、慣れるまでじっくり時間をかけるようにします。

治療をいやがってしまう時はまず、おしゃべりをすることから始めます。始めは診療台に座ってみるだけでも構いません。必要なら治療の内容を教えてあげたり、実際に使う道具に触ってもらったりもします。大切なのは、お子さまの中の恐怖心を取り除いてあげることです。

虫歯のせいでしっかり噛むことができないと、あごの発育や永久歯の歯並びに悪い影響を残します。だからこそ、歯科治療への抵抗感を早めになくしておくことが必要なのです。

当院は歯を強くするフッ素の塗布、奥歯の溝を埋めて磨きやすくするシーラントといった予防メニューをご用意しています。親御さま向けに仕上げ磨きの指導も行っています。

とにかくよく褒めてあげることが、お子さまの気持ちを盛り上げるコツです。親御さまもどうか、お口の健康維持に取り組むお子さまをたくさん褒めてあげてください。

審美治療

当院は金属を使わない「メタルフリー」のつめ物・かぶせ物をご提案しています。お口の中に入れた金属は二次的な問題を引き起こす可能性があるからです。当院は、見栄えがよく健康的な歯を提供したいと考えています。

お口の中の金属がだ液に溶け出すと、金属アレルギーを発症することがあります。また、だ液には金属の腐食を加速させる作用があることも分かっています。場合によっては、歯茎が黒ずんでしまうことさえあるのです。

「CR(コンポジットレジン)」は、小さい虫歯を治療する時によく使われます。歯を大きく削ることなく、虫歯でできた穴を埋めることができます。

「ハイブリッド」と「オールセラミック」は、どちらもセラミックを含む、天然の歯に近い見た目の素材です。特に、オールセラミックは透明感があり変色しにくいという利点があります。

適応できる箇所は素材によって異なります。詳しいことは歯科医師までお尋ねください。

矯正歯科

歯並びで悩まれている方のために、当院は矯正治療にも対応しています。歯並びを整えると口元の見栄えがよくなるだけでなく、機能的にも改善されます。

整然と並んだ歯には歯ブラシが当てやすいので、お手入れが行き届きやすくなります。さらに上下の歯の噛み合わせがよくなると、噛む力がお口全体にうまく分散され、特定の歯だけに負担がかかってしまうのを防げます。負担がかかる歯は虫歯・歯周病を発症しやすいので、ある意味、矯正は間接的な予防にもなるのです。

もちろん、歯並びの悪さをコンプレックスに感じている方にもご提案します。歯並びのことで悩まれている方の来院をお待ちしております。

訪問歯科診療

寝たきりや体が不自由なせいで通院が困難な方は、訪問歯科診療をご利用ください。歯科医師が患者さまのご自宅や入居されている施設までお伺いさせていただきます。

訪問先では主に虫歯・歯周病の治療、入れ歯の製作・修理などを行います。必要な方にはお口の機能訓練を受けていただくこともあります。院内で行う治療のほとんどを、訪問先でも提供することが可能です。

歯のお手入れがおろそかになると、お口の中の細菌が繁殖しやすくなります。歯周病菌が多いお口から、誤って肺に食べ物やツバが入ると、肺炎を引き起こすこともあります。そのため、歯がなくても継続的なお口のケアが必要なのです。