〒211-0036
神奈川県川崎市中原区井田杉山町29-6

TEL:044-766-1188

川崎市中原区の歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科・インプラント・訪問歯科・予防歯科・審美歯科なら島歯科医院へ。

一般歯科

CONTENTS

HOME»  一般歯科

むし歯治療

むし歯の進行と治療

C0

表面が白く濁った色になったりザラザラした感じになります
まだ穴はあいていませんが、進行する可能性が高いので注意が必要です

(白濁・白斑)


  • 初診時
    白濁が見られます

  • 1年経過
    再石灰化が進み白濁が消えました

上手なケアを行うと、健全な状態に戻ることができます

(裂溝)


  • 口の中の写真
    歯の溝がザラザラしていました
    色素も沈着しやすくなります

  • X線写真
    特に悪いところは見られません

深い歯の溝はむし歯になりやすい部分なので、ケアと観察が重要です

C1

術前

  • (歯と歯の間)
  • (かみ合わせ面)

歯の表面にあるエナメル質に小さな穴ができます
痛みなどの自覚症状がほとんどないので、気づかないこともあります

  • (歯と歯の間)

    X線写真で見ると歯と歯の間に穴があいていることがわかりました。
  • (かみ合わせ面)

    一見わかりにくいけれどよく調べると・・・
  • 術中
  • 術後
C2

術前


  • X線写真で調べると
    むし歯が進行しているのがわかりました

エナメル質の奥の象牙質までむし歯が進んだ状態です
甘いものや冷たいものがしみるようになってきます

術中

術後

C3

術前


  • 深いむし歯により神経を抜かなければなりません

歯の神経やその近くまでむし歯に侵されています
神経が炎症をおこしているので非常に強い痛みを感じます

術中

術後

C4

術前


  • 全体がむし歯になっています

歯全体が、むし歯に侵されています
歯の根の先に膿がたまったり、歯のまわりにも
病気の影響がおよび、歯を残すのがむずかしくなります

術後


  • 抜歯してブリッジを装着しました。

  • 歯の根を残せたので根の治療をしてクラウンを装着しました

なぜむし歯になるの?

むし歯になりやすい生活習慣

むし歯になりにくい生活習慣

  • 唾液や歯磨きで細菌や酸を洗い流し元に
    もどっている時間が長い

  • 健康な歯

入れ歯(義歯)治療

入れ歯(義歯)が合わなくてお困りではありませんか?

当院では、毎日多くの入れ歯(義歯)の製作・調整を取り扱っておりますが、保険という限られた材料・技法の中で入れ歯をご使用の患者様が多いのが現実です。実際には入れ歯には多くの種類があり、自分に合った入れ歯を作ることができます。しっかりした入れ歯を入れ、しっかり噛めることは、残っている歯や顔の形、体のバランスにとってもとても重要なことなのです。

入れ歯(義歯)が合わないことによって起こること

噛み合わせが安定しない

入れ歯は軟らかい歯肉粘膜の上に乗っています。残っている歯や顎の骨・粘膜の形状・高さ・筋により入れ歯の安定感は変わります。入れ歯の安定感が悪かったり、痛みがあったりすると、無意識のうちに噛み合わせが合わなくなっていきます。

胃腸に負担がかかる

入れ歯によって噛む力は自分の歯の20~30%程度と言われています。噛む力が弱くなれば食べ物を噛み砕くことができずに、胃腸に負担がかかってしまいます。

顔にしわが増える

顔の皮膚はその下にある表情筋(ひょうじょうきん)や咀嚼筋(そしゃくきん)によって支えられています。入れ歯が合わず、噛む力が発揮できないと筋肉のハリ・ツヤが衰え、しわが増えて年寄じみた顔になってしまいます。一方で入れ歯がぴったり合う患者様の方が食べる楽しみがあり、若々しい印象があります。

残っている歯に過剰な負担がかかる

入れ歯が合わないと、入れ歯が動いてしまい、フックがかかっている歯が揺れてきてしまいます。また、それ以外の残っている部分の歯でばかり噛むようになり、負担過重により残っている歯の寿命が短くなります。

認知症のリスクが上がる

噛む行為は脳を活性化させます。しっかり噛むことができないと脳が委縮し、認知症の原因の1 つになります。

入れ歯には、色々な種類があります。保険適用のもの、材料や作り方の違いにより、保険適用外の物などその種類は様々です。保険適用でも十分に患者様が満足できる症例もありますし、また保険適用外でも色々な理由により患者様に満足していただく義歯を作るのが難しい場合もあります。歯の本数により若干値段は違いますが、歯一本単位での値段ではありません。

ただし、どんなに合っている入れ歯でも天然の歯には及びません。(噛める効率はおよそ3割と言われています)
患者様のニーズに合わせて、話し合いでお決めになられるとよいと思います。(各入れ歯には適応がありますので、歯や骨の状態によりできない場合があります)

「入れ歯」というとなんとなく、年寄りじみた気がしないでもありません。
でも、なくなった歯を悔やむより、入れ歯によって、これからの暮らしを快適にすることの方がもっと大切です。

保険の入れ歯の一例

【長所】
安い
【短所】
  • 発音しにくい。
  • 味、温度がわかりにくい。
  • 強度が弱いので壊れ易い。
  • 動きやすい
  • 見た目が悪い(バネが見えてしまう)

より多くのニーズに応えるために、保険の規格外の(自費になります)ものをおすすめする場合があります。


装着前


  • 装着後

  • 装着後(正面)

当院で取り扱っている入れ歯(義歯)の種類

【部分入れ歯編】
コストが安い保険の入れ歯

高齢で顎骨が吸収し、噛む力が弱くなっている人や予算的な都合がつかない人におすすめの入れ歯です。
保険診療の中で作ることができ、金属のフックとプラスチックの歯と歯肉で作られています。保険診療3割負担の方で1装置につき5,000円~10,000円程度です。
しかし噛む力は本来の歯に比べて20%~30%で、硬いものや粘着性の物は噛むと入れ歯が動いてしまいます。若い患者様や噛む力が残っている患者様には強く噛むことは難しく、強度不足で割れやすい性質があります。
噛む筋肉のバランスが崩れることもあります。厚みがあるため発音・味・温度などの感覚に問題が出やすいなど欠点が多く、総合的には満足度が低いかもしれません。毎回食事の後に取り外し、洗う必要があります。

金属で薄く補強できる入れ歯(義歯)


毎日の食事を楽しみたい患者様におすすめの入れ歯(義歯)です。
保険の入れ歯は割れやすいので厚みが2~3ミリ程度あります。しかし、金属は割れにくいため厚みを0.5ミリ程度に抑える事ができます。そのため違和感が少なく、食べ物の味・温度が伝わりやすく発音の違和感が軽減し、なじみやすくなります。
歯肉にあたるピンクの部分と歯にかけるフックの部分を一体化してあるため、保険の入れ歯に比べると動きが少なく、フックの種類が豊富なため残存歯にやさしいのが特徴です。
欠点としては、

  1. 自由診療なのでコストがかかる
  2. ケースによっては保険の入れ歯とさほど変わらないことがある
  3. 修理が難しいケースがある

などがあげられます。

見た目がきれいなフックのない入れ歯

保険診療の入れ歯では金属のフックが気になる方におすすめの入れ歯です。
金属のフックの部分を歯や歯肉の色のプラスチックで作られています。
欠点としては

  1. フックが疲労により破折する場合がある
  2. 適応できないケースがある
  3. 自由診療なのでコストがかかる

などがあげられます。

入れ歯を磁石で安定させる入れ歯

残っている歯と入れ歯に磁石を付け、入れ歯が浮き上がるのを防いで、安定させるようにします。 特に下顎は入れ歯が安定しないことが多いので有効な方法です。
残存歯への過剰な負担加重を軽減し、周囲の骨を利用できるので歯にやさしく、入れ歯の安定感につながる治療の一つです。 また、フックが見えないので見た目が良くなります。
欠点としては、

  1. 自由診療なのでコストがかかる
  2. MRI撮影時には外す必要がある
  3. 根管治療が必要である

などがあげられます。

【総入れ歯編】

コストを安くできる保険の入れ歯

高齢で顎骨が吸収し、噛む力が弱くなっている患者様におすすめの入れ歯です。保険診療の中で作ることができ、プラスチックの歯と歯肉で作られています。保険診療3割負担の患者様で1装置につき10,000円~15,000円程度です。
噛む力は歯に比べて10%程度で、軟らかい歯肉の上に乗っているため、動いたり、入れ歯の裏側に食べ物が入り込んだりするので、慣れるまである程度我慢して使う必要があります。
特に、歯肉の土手が少ない方は入れ歯の動きが大きく、噛み合わせが安定しなくなってしまう方もいます。

入れ歯の厚みを薄くする金属の入れ歯

保険の入れ歯では厚味があり違和感が強いという患者様におすすめの入れ歯です。
特に上顎の入れ歯は厚いと話しにくく、食べ物の温度・味がわかりにくいことがあります。金属にすることによって厚みを1/3にすることができるので違和感が軽減します。
自由診療なのでコストがかかるのが欠点です。

ブリッジによる治療

歯がなくなってしまったらどうしますか?

歯を失った後の修復治療の一つにブリッジ治療という物があります。歯のブリッジとは失った歯の両隣の歯を削って失った部分の歯に橋をかけるように歯を補う治療法です。歯のブリッジとはどういうものなのか、ぜひ参考にしてください。

歯のブリッジとは

歯のブリッジとは歯を失った時、両隣の複数の歯を削って橋のように連結することです。ブリッジを支える歯はブリッジの厚みや強度を維持するために、1mmから2mm程度の幅で全周削ります。削られた歯には通常よりも1.5倍以上の噛む力の負担はかかりますが、自分の歯に近い感覚で噛むことができます。また、自然に近い見た目を回復することができます。

歯のブリッジの治療法

  1. 抜かなければいけない歯がある場合は抜歯を行います。
    レントゲン検査等で抜歯が必要となった場合には、麻酔をして抜歯します。
  2. 抜歯後2、3ヶ月の歯肉の治癒を待ちます。
    抜歯後、歯肉にはくぼみができます。歯肉の表面は2、3週間で治っていきますが、骨の状態が改善するまでには2~3ヶ月以上必要です。ある程度歯肉の形態が回復してからブリッジの型を取らないと、大きな隙間ができて、食い込んでしまうことがあります。
  3. 必要に応じてブリッジの土台となる歯の根の治療や歯周病の治療をします。
    歯肉が治癒するまでの期間に、必要であれば土台となる歯の根の治療やプラークコントロールなどの歯周病の治療を行います。ブリッジを付けてから、痛みや腫れが出た場合、ブリッジを壊して外さなくてはいけなくなるため、しっかりとした基礎作りのための治療が重要となります。
  4. ブリッジの土台となる歯を割れないように補強する。
    ブリッジの土台となる歯には通常の1.5倍以上の力が加わります。特に奥歯は平均すると60kgもの力が加わり、1.5倍で90kgになります。そのため歯が割れないようにするための補強が必要となります。強化プラスチックや金属などで補強します。
  5. ブリッジの土台の形を整え、仮歯を入れる。
    歯のブリッジは両隣の歯を平行に削ることによって3つの歯をつなげます。そのため前後の歯が平行になるように歯の形を整えていく必要があります。
  6. ブリッジの歯型を取る。
    ブリッジを作るために歯型をとって、石膏の模型を作ります。模型を咬合器(こうごうき)という噛み合わせを再現するための装置につけ、ブリッジを作ります。
  7. ブリッジを調整して歯につける。
    口の中でかみ合わせなどの調整を行い、問題がなければ接着します。また、噛み合わせや歯の色・形などを確認するために一定期間、仮付けして様子をみることもあります。完全に付けた後は外すことはできません。取るには削って壊す必要があります。

ブリッジの種類

  1. 保険診療の場合
    前歯部は金銀パラジウム合金の上にプラスチックを乗せた冠になります。適合精度が悪いため虫歯になりやすく、また、金銀パラジウム合金は酸化しやすいため、アレルギーなど血液に対する影響が心配があります。また、表面のプラスチックは天然歯のような透過性はなく、汚れが付着しやすい・割れやすい・傷つきやすいなどの欠点があります。
    臼歯部は金銀パラジウム合金のみの冠(銀歯)になります。笑ったときに黒く見えるのが恥ずかしいから人前では笑えないという患者様のご意見をよく耳にします。
  2. ゴールドブリッジ(保険適用外)
    金合金からなる冠です。適合精度がよいため虫歯になりにくく、また保険のものに比べ酸化しにくいため金属アレルギーなど血液への影響が少ないのが長所です。見た目が派手な感じなのが短所です。
  3. メタルボンドセラミックブリッジ(保険適用外)
    従来からある定番の白い歯です。金属にセラミックを焼き付けたブリッジです。
    金合金を中心とした金属を使用しておりますので、保険のものに比べて適合精度がよく、また、酸化しにくいためアレルギーなど血液への影響が少ないです。将来歯肉がやせて下がってきてしまった際には、境目の金属が見えてしまうことがございますが、表面は完全なセラミック素材ですので、汚れがつきにくく、黄色く変色する心配がありません。
    後述のジルコニアを使用するジルコニアオールセラミックブリッジと比較すると、芯に金属を使用している分透明度に欠けますので、より審美性の高いブリッジをご希望の方は、ジルコニアオールセラミックブリッジをお選びください。
  4. ジルコニアオールセラミックブリッジ(保険適用外)
    フレームにジルコニアを使用したブリッジです。強度が高いので、金属を使用せずに治療が行えます。ブリッジ治療では歯のない部分に大きなたわみ力がかかります。この力により従来のセラミック素材では、歯にヒビが入ったり、割れてしまうという欠点があり、その対策として内側に金属を使用し強度を上げていました。しかし金属を内側に使用すると、金属が光を遮ってしまい天然歯のような透明感を出すことが難しく、さらに加齢により歯茎が痩せてくると、金属の黒いラインが露出してしまうという審美的な欠点がありました。これらの欠点が改善されたジルコニアオールセラミック治療では、金属を使用しなくても十分に対応できる強度があり、透明感のある綺麗な審美治療を行えます。

歯周病

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。虫歯と違って痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりも推測されています。
歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。
歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病(歯槽膿漏)を悪化させる原因となる生活習慣や疾病など

歯ぎしり・くいしばり・噛み方のくせがある

睡眠時に歯ぎしりをよくする人は要注意です。歯ぎしりにより強い力が歯や歯周組織にかかってしまい、炎症を起こしやすくなります。また、無意識にくいしばっていたり、噛み方にくせのある人も、外力により歯周組織を破壊しやすくなります。

口呼吸

口呼吸をよくする人は口の中が乾燥してしまい、唾液の抗菌機能が低下して歯や歯肉の抵抗力が弱くなります。また洗浄機能の低下によりプラークがつきやすくなります。

喫煙

タバコを吸うと血流が悪くなります。血流が悪くなると抵抗力や免疫力が低下し、さらに有害物質が加わることで歯周病・虫歯を悪化させる要因となります。

甘いもの、やわらかいものが好き

甘いもの、やわらかいものは歯面に付着しやすく、結果プラークが増殖します。また、おやつなどを食べる回数が増えると、食生活の乱れにもつながります。

歯並びが悪い

歯並びが悪いと、ブラッシングしても磨き残しが多くなり、プラークが付着しやすくなります。

冠や義歯が合っていない

冠や入れ歯(義歯)の形態や適合に問題があると、プラークの停滞や歯周組織の破壊が起こりやすくなります。

糖尿病を患っている

糖尿病になると免疫力が低下し、細菌に感染しやすくなります。よって細菌感染により引き起こされる歯周病にもかかりやすくなります。

ストレスが溜まりやすい

ストレスが溜まっている人は、免疫力が低下しやすく、細菌に感染しやすくなります。またストレスから暴飲暴食に走るのも要注意です。

骨粗しょう症

女性ホルモンであるエストロゲンが不足すると全身の骨がもろくなり、骨が折れやすい状態となります。歯の周りの骨も同様で、骨が溶けやすくなって歯周病の進行が早くなります。

特定の薬の長期服用

高血圧、てんかん、自己免疫疾患、精神疾患の治療で薬を長期間飲んでいる人に歯肉が異常に腫れることがあります。

性ホルモンの不調和

思春期、妊娠時、更年期など性ホルモンのバランスが崩れる時期に歯肉の炎症がひどくなることがあります。

歯周病の進行

歯周病は、下記のような過程を経て進行していきます。

健康な歯茎

健康な歯茎はキュッと引き締まって薄いピンク色をしています。
歯磨きなどをしても出血することはありません。

歯茎が歯肉炎を起こす

歯茎が膨張して赤く膨らみます。歯と歯茎の間に隙間ができ(歯周ポケット)、そこにプラークが溜まっていきます。
歯磨きなどで出血します。

歯周炎へと進行

歯茎が更に膨張して、赤紫色になります。歯磨きなどをすると血と膿が出ます。歯周ポケットは更に深くなり、そこに溜まった菌が歯を支える骨を溶かし始めます。

歯周病の治療

歯周病の基本的な治療は、すべてのプラークや歯石を取り除くことから始まります。当医院での専門的なプラーク・歯石除去だけでなく、ご自分での毎日のブラッシングも大変重要です。
歯周病が進行して歯がグラグラしてしまっている場合は、かみ合わせの調整を行うこともあります。
歯周ポケット(歯と歯茎の間のすき間)が深くなり、歯石やプラークを取り除き切れない場合は、外科手術を行い歯周ポケットを浅くする方法もあります。
以上を行った上で、歯周ポケットの深さが正常な値(2~3mm)程度にすることが目標ですが、その後も定期的なメンテナンスが特に重要です。

歯周病に関するQ&A